すみっこのblog

御影・渦森台・鴨子ヶ原の山の様子や 東洋医学、中医学、鍼灸のお話など。 うずもり鍼灸治療院(uzumori.com)、院長の日記です。

2016年04月

日本酒レビュー 三芳菊 純米

三芳菊さんでは珍しい普通の純米酒です。
こちらは、ほとんどが生原酒なので、火止めして加水した普通のお酒の方が貴重

出会いは、鍼灸師国家試験の前日。
国家試験の前日ですよ
知り合いに祖谷温泉に連れていかれ、帰りに大歩危駅前の酒屋さんで見つけました。

その時は、純米か…と思っていましたが、電車の中で開けてみると
あら、まあ!! 
三芳菊です。
グレープフルーツを思わせる香りはそのままに、加水されて飲みやすくなっている感じです。
写真は今年入手した物で、ラベルは違いました。

国家試験の昼休みにも、会場横の公園で呑んでました
飲酒して受験はダメとは書いてませんでしたからねぇ
DSC03239

いまだに避難所が拡張できないのはなんででしょうか?
テントやダンボールの家とかは作れないでしょうか?続きを読む

野イチゴ 2016

さて、本命の野イチゴですが…

今年は草が少なくて歩きやすいね~。
って、登山道が整備されてるやん!!!
ええ、綺麗に道の横の草や竹が伐採されていました…
丸坊主です…
昨年までは、イチゴの後に草刈りされていたのですが、今年は早かったみたい…
いうことで、昨年大漁だった場所はほぼ壊滅

とはいえ、イチゴですから繁殖力はすごいです。

ちょいと足を延ばすと、そこらじゅうの斜面に白いお花が
今年も大量の砂糖が必要になりそうです。

DSC03550

数年前に走った、阿蘇の大きな橋。
あの大きな橋が跡形もなく…

まず地震が早く落ち着きますように。

あけび

過去に書いたこともありますが、綺麗に撮れたのでもう一回!!
可愛い、綺麗なお花です。

DSC03551
 
今年もいっぱい実を付けてください

紫鷺苔(ムラサキサギゴケ)

久しぶりにお山へ偵察。

そろそろ野イチゴの花が咲いている時期です。

途中で見つけたお花。
鳥に似てるから、その手の名前かな~といってたら、そのまんまでした。
苔というのは意外でしたが。

食べれるかどうかはわかりません
DSC03554
 
これ以上被害が広がりませんように。 

源平桃

山際の小さな花壇で育てられておりました。
一本の木に、色々な色の花が咲きます。
写真の花は全部一本の木です。
中には、紅白マダラの花びらも。
不思議な木ですね
DSC03577
 
熊本の地震が一日でも早く落ち着きますように… 

一番搾り SingleMalt(シングルモルト)

一番搾りプレミアムに続き、新発売。
一番搾りプレミアムは、ほとんど何も書いていませんでしたが、とにかく美味しかった
一番搾り好きにはぜひ飲んでいただきたい。
福岡絞りを、さらに洗練した感じ

では、一番搾り SingleMaltです。
あくまでも私の感想です。

私の一番搾りランキング。
1位:プレミアム
2位:博多づくり
3位:初代 神戸づくり
4位:小麦のうまみ
ということで、4位の下になりますでしょうか…
ちょいと酸味の効いた作りですかね。
私の好きな、甘みが広がるという感じは弱いです。
なので、ちょっと順位が落ちます

あと、オーガニックを前面に押し出してるのも、農家でもある私には…
まあ、オーガニックを崇拝する人たちには受けるんでしょうけど。

一度お試しあれ。
DSC_0164
 

発熱と鍼灸治療

本日お問い合わせがありましたので、こちらの方へまとめておきます。

お問い合わせは、
熱が出ているけれど、鍼灸を受けてもいいですか?
というもの。

状態として、
・38度以上の熱。
・ウイルス感染症
ということとから、
熱が下がるまでやめましょう」とお答えしました。

鍼灸治療では、
・風邪の引きはじめ
・熱の上がり鼻
であれば、大椎というツボを温めることで早期に熱が引く事があります。

しかし、今回はウイルス感染症による熱。
つまり、体がウイルスを殺すために熱をあげている状態で、免疫チーム総出で戦っている状態です。
また、熱が出ると血流量も上がり、ランニング並みの心拍数になることも。

ご存知の通り、鍼灸治療では
・血流量の増加
・免疫反応を呼び起こす
事を行うことで、患者さんの体が治療を始めるスイッチを入れるものです。
体がウイルスに全力で対応しているときに、治療をしても、
「こっちが先や!!」と無視されるか、
「そんなに仕事詰め込まんといて…」とパニック(何もできなくなる)状態に。

ですので、「風邪の引きはじめ」「病後のケア」には治療を行いますが、「発熱中」には手を出しません。
だって、必要だから熱を出しているんですから…
急性の下痢を止めてはいけないのと同じです。 

ゆっくりお休みになって、体内の戦いの方にエネルギーを分けてあげてください。
続きを読む

春と精神と朝のお灸

テレビで五月病をやってましたので、中医学から見たお話を。

中医学では、全てのものを五行(木、火、土、金、水)に分けます。

春という季節は冬に寒さで固まっていたものが、木が枝を伸ばすようにのびのびと成長する時期です。
言い方を変えると、のびのびと成長しないといけない時期なんです。

これは木だけではなく、人間も同じです。
また、中医学では「体も心も一つ」なので、心ものびのびとしなければいけないです。 
いつの季節でも締め付けはよくはないのですが、特に春はのびのびが大切なんです。 
動きたいものを動けない状態にすると、症状が重くなってしまいます…これが五月病の元かと。

早起きして、のびのびと朝の若々しい陽の気を体の先端まで吸収し、一年を乗り越えるエネルギーを蓄えましょう。
中医学では、夏至(6月21日ごろ)から陰の季節が始まりますので、それまでが勝負です!!!!

新入社員のみなさん。
最初は何もできなくて当たり前です。
あまり難しく考えなくてもいいですから、のびのび行きましょう。

また、お灸の元であるもぐさ(よもぎ)は「陽の塊」と言われ、陽の季節である4~5月ごろに収穫されます。
なので、お灸は体に陽を補給してくれるものです。

お灸の香りでリラックス。 
温熱効果で陽気の補給。

朝のお灸がお勧めです!! 
ギャラリー
  • 日本酒レビュー 八海山 赤越後 2015(3年保存)
  • うちのメダカちゃん
  • うちのメダカちゃん
  • 桜!!
  • 桜!!
  • 桜!!
  • 桜!!
  • さむいです。
  • 日本酒レビュー 剣菱酒造 灘の生一本