すみっこのblog

御影・渦森台・鴨子ヶ原の山の様子や 東洋医学、中医学、鍼灸のお話など。 うずもり鍼灸治療院(uzumori.com)、院長の日記です。

うずもり鍼灸治療院はこちら

うちのメダカちゃん

我が家のメダカちゃんたちは、ご飯があまりもらえませんので、あまり卵を産みません
※餌が多いと水質が悪くなって、コケだらけになってしまいますの…
また、室内&北側に置かれていますので、日照時間の関係もあるようです。

知り合いから「産卵始まったよ~」って聞いても、うちの子たちは…
先日、数匹がもらわれていきましたが、すぐに卵を産み始めたそうです。
「エサいっぱいあげてる」って。

というわけで、暖かくなるようなので、明かり&エサを産卵モードに!!



エビ、稚魚用の水槽もリニューアル!!
DSC05997

早く孵化しなさいよ~

昨年は採卵にてこずりましたが、今年はこんなものを作成!!
(沈めてたフィルターに卵を付けてたので、作りました。)
DSC05998

おっ。いい先生や。

いま、しびれ専門の先生のテレビをやっております。

一例目の患者さん。
お尻から脛への痛み→梨状筋症候群
おぉ…
普通の整形外科だと坐骨神経痛、シップを出しましょうで終わりです。
なぜか?
~症候群って、現代医学では原因がわからないと同じ意味なんですね。
そこで止まらずに、梨状筋まで持っていく!!
実は、病院の先生でここまで考える人は少ないです。
この先生にも鍼を知ってもらえれば、患者さんも早く楽になるんですけどね。

手根管症候群。
「手術しかありません」とのことですが、鍼灸が有効な場合も多いです。
ただ、症状の重症度合いによっては、私も手術を進めます。
何が患者さんにとってベストかを考えますので。(だから儲からないのかな…)

静脈瘤はね~。
鍼灸では、完全に壊れてしまったものを再生するのは難しいです。
鍼灸以外でも無理ですけどね。
治療法は、逆流防止弁が潰れた静脈を通行止めにして、他の静脈へ迂回させる手術です。
鍼ではできませんので、最近よく見る静脈瘤専門クリニックをお勧めしています。
治療を受けた患者さんにからも、「早やかったよ~」って教えてもらいました。
あとは、逆流防止弁を持たせるための方法も指導してくれればいいんですけどね。

歩き方。
とてつもなく大事です。
足腰のトラブルで来られる方の殆どは、何も考えずに歩いています。
小児の頃、特に一歳の頃は歩くために必死でした。
どうやったら歩けるのだろう?
こうやって足を出すの?
といった具合に。
でも、歩けるようになると何も考えません。
すると、どんどん歩く姿勢が崩れてきて、体全体のバランスが崩れて来ます。
バランスが崩れると、負担がかかる筋肉が増えますので、痛みが生じてしまいます。
足先がまっすぐ前にでているか?
足の指が地面をつかめているか?
足先で地面を蹴れているか?
を確認してみてください。

実は、呼吸にも同じことが言えるんです。
呼吸は自律神経が担当していますが、意識的に変えることができます。
なので、ヨガのように「呼吸を制御する」ことで、自律神経のリズムを調節することができるんです。

面白いお医者さんもいらっしゃるんだけどな~。

脊椎圧迫骨折

勉強会で症例発表をしましたので、簡単にお話を。

改めて、痛みに関して勉強しました。
骨折で鍼灸院に来られる方はまずおられないと思います。
今回は、骨折後に痛みが取れないということで、治療をさせていただきました。

骨折ですが、骨が折れたことが直接の原因になる痛みは、約一週間らしいです。
それも骨が損傷しているということより、損傷部位の周辺に炎症が起こることによるものです。
病院では炎症が治まってからギブスをしますので、ギブスをする段階では痛みが軽くなっています。

ただ、脊椎圧迫骨折ですが「無痛性脊椎圧迫骨折」という病名もあります。
圧迫骨折していても痛みが無い。という人もいるということなんです。
上にも書いたように、骨折時の痛みは周辺部位の炎症が原因です。
骨粗鬆症で骨がつぶれる場合は、骨以外の組織損傷が非常に少ないため、炎症がありません。
なので、衝撃を受けていない場合は痛くないのが本当なのです。

今回の患者さんは、骨折の診断を受けてから3週間。
鎮痛剤も効かずもう我慢できない。
藁にもすがる思いで鍼灸を選択されました。

まず、骨折診断から3週間。まず、骨折による痛みとは考えられません。
さらに、診断から3週間なので、骨折から3週間以上。
寝ていると痛みがまし。
起き上がるときに腰背部に激痛(圧迫骨折の方に多いようです)。
もう、筋肉が原因としか考えられませんので、鍼灸で痛みが取れる対象になります。

結果、この患者さんも二か月後には普通に動けるようになりました。

痛いのが好きな方は痛みを楽しんでもらえればいいのですが、嫌な人は一度鍼灸を試してください。
鍼が無痛とは言いません。
でも、鍼が痛いのは一瞬です。
それも早いうちに治療を行うほうが、早く、綺麗に楽になります。
長く我慢してしまうと脳が痛みを記憶してしまい、すべてを取り切るのが難しいのが現実です。

お気軽にご相談ください。

桜!!

往診の帰りに各名所で撮影してきました。
・夙川(ほぼ満開)
IMG_0428

・芦屋川(8分ぐらい?)
IMG_0431

・住吉川(名所ではないですが…ほぼ満開。手前はヤマザクラなので散ってます)
IMG_0432

・治療院の近所(二分?)
IMG_0439
え…
うちはどんだけ寒いんや?
そのおかげか、桜だけででなく、モクレン、梅なんかも残ってるという珍しい光景が見られます。

今週末は花見に最適ですね~

春の病

昨日一日で、一気に桜が開花しましたね
これで花粉が飛んでなければ最高の季節なのですが…

杉やヒノキの花粉症もそうなのですが、春の病で多いのが「目」の病気。
中医学では、春に結び付けられるのが青(緑)、肝、目、風、筋。
なので、目以外にも痙攣などの筋の異常、肝が頑張りすぎて怒りやすかったり、逆にやる気がなくなったり…
筋は、冬の間固まっていた体が緩んで動きやすくなる→うれしくて急に動く→痛める
なんてことが考えられます。

目は春霞という言葉が昔からあるように、この季節、お山から見る下界は白く霞んでいます。
春になって吹く風が、花粉やほこりを巻き上げるから白くなるわけです。
(物が動き始めるとほこりも発生しますからね)
目、鼻はその埃が充満している空気に触れますので…

というわけで、私も目にできものができました。
下瞼の裏、奥の方に小さいガラス玉のようなものが4~5個程ついています。
痛くもなんともないのですが、「何か入ってる!!」感がすごく、うっとうしい…
透明な水泡なので、細菌感染や異物によるものではありません。
西洋医学でも特に病名はないようです。

実はこれ、中医学で考えると肝からきているのです。
異物感を感じる2~3日前から、瞼がビクピクしていました。
眼精疲労、睡眠不足からくる現象です。(寝てるはずなんだけどな…)
疲労やストレスを受け止めるのが「肝」。
花粉症も重なって、かなりいじめられていたのでしょう。
そして、肝の状態がよく表れるのが「目」なので、ガラス玉ができたということになります。
(肝・胆機能以異常→目が黄色)

さて、実験。
目の病には、「二間」「合谷」が有名。
過去、娘にモノモライが付いたとき、「二間」+αで落ち付いたことがあります。
試してみましょう!!
少し異物感が和らいだ気がするぐらい。
まあ、お灸をしてすぐに治れば、みんな灸しますわな。
次は、患部へのお灸。
瞼をめくっての灸は無理ですので、瞼の上から。
だいぶ異物感が和らぎました。
結構な熱感なので、そちらに感覚が持っていかれたのかもしれません。

では、反応点。
面白いのが、下瞼の奥の方なので鼻と同じく上顎神経の領域。
鼻は花粉症でえらいことになっていますので、関係している可能性が高いです。
目の下から鼻の横にかけて広がる反応点に、ローラーで刺激を与えます。

お、おお。
すっきりします。
ローラーの刺激はなかなかのもの。
ただ、お仕事中はコロコロもできませんので、円皮鍼でも貼っておきたいと思います。
続きはまた明日。

※上に書いていた+αですが「xx油」です。(ネットで調べると結構でてきますね)
我が家ではめばちこやモノモライに100%のxx油を点眼しますと、翌朝にはかなり楽に。
ただし、感染症やアレルギーがありますのでご注意ください。
油が瞼とデキモノの間に入ることで刺激を抑えてくれるので、かゆみや異物感が収まります。
なので、炎症もおさまるのでしょう。
ただ、ドライアイ対策で常用するのはどうかと思いますが。

筋肉痛その後

鍼をして動きやすくなったのですが、やはり翌日は重たい足に戻っていました。
なので、再び気合(鍼)をいれて一日を過ごすと…
あら不思議。
あれだけきつかったのが、「???どこいった???」って感じ。

とくに、ホットパックを併用していた右足は無痛です。
そして、坂道のジョギングも続けていました。
その坂道も以前より楽になった感じ

う~ん、鍼が効果的な症状だったのか、わたくしの腕が上がったのか

また来年実験をしてみたいと思います。

筋肉痛

先日今シーズン初のスキーに行ってまいりました。
季節的に最後となりそうなので、必死に滑ってまいりました

二日間の工程でしたが、一日目で筋肉痛(というより痛める寸前)。
それでも二日目にはコブコブ、40度近くの急斜面(岩壁にへばりついたヤギの気分)に挑戦
足が上がらず&踏ん張りがきかず、階段の上り下りができなくなりました
車だったので問題なく帰って来れましたが、車から降りるのが一苦労…
運転しながらも、ひたすらストレッチしていました。

私の経験上、鍼はあまり筋肉痛に効果がないと思っているのですが、そんなことを言っている場合ではありません。
さらに、今回は両足に来てますので実験対象としては最適

右足は温熱治療で、ホットパックを乗っけます。
左足は鍼。特にひどい太ももの外側の筋肉に一発入れます。

結果
ホットパックは気持ちいいですね~。
ですが、動きやすくなったのは鍼でした。
しかも、一本だけしか刺していないのに。
さらに、運動鍼をすると…鍼恐ろしや。
筋肉痛+筋肉の異常収縮(こりみたいなもの)のせいなのでしょう。
筋肉痛だけだと、炎症なので速効というわけにはいかないはずです。

ということで、場合によりますが鍼灸も有効な場合があるということがわかりました。
ただ、筋肉痛は筋肉への過負荷が原因ですので、炎症だけでなく収縮も起こっているはずですので、結構有効なのかもしれません。(ストレッチが効くということは、筋が収縮しているということ)
次は無効な症例を見つけなといけないですね。
筋肉痛を作るために、坂道を走って帰ってみるか…

次は、その後の経過を書いてみます。

楽しかったです!!
久々に「スキーって疲れるわ」と感じさせてもらえたゲレンデでした。

鍼灸って?

最近、勉強もかねて外に出稼ぎに行っています。
そこで思い知らされた(前から分かっていることなんですが)のが、鍼灸って全然しらないのね…ってこと。
怪しげな魔術を使って治療するみたいな感じですね

出稼ぎ先の上の人からも「鍼灸や東洋医学の話をしてもらえたら」と言われております。
という訳で、鍼灸って何?を教育するための下書きをここに

他のスタッフに言われたのが「整体と同じでしょ?」。
腰痛、肩こり、頸部痛なんかが治療対象なので、混同されるのでしょうね。
まずはここから矯正していきましょう

さて、朝目覚めて「今日から整体治療をする!!」と決めたら…実は、誰でもできます。
なぜかというと、整体やカイロなんかは基準がないからです。
認定するところもありますが、しょせん民間団体。
自称整体師でも誰からも文句は言われません。
タイマッサージなんか、タイで賞状?認定書?みたいなのもらっても読めませんし
(タイマッサージ好きですよ。上手な人だったら

しかし、鍼灸はそうはいきません。
国家資格ですので、決められた養成学校で決められた年数勉強して進級試験に卒業試験。
そして、国家試験に受からないと鍼灸師を名乗れません。
無資格で他人を治療すると逮捕です。
特に鍼は人の体に侵入します。
これが許されるのは、医師、歯科医師、鍼灸師だけです。
看護師さんですら、医師の指示がないと注射もできません。
また、医療関係で「開業権」を持つのも、医師、歯科医師、鍼灸師、あんま師、助産師、柔整師だけ。

上記の中でも、特に鍼灸院は病院で満足されない方々がいらっしゃいます。
その分野は内科から整形外科まで多岐にわたるので、総合診療の知識が必要。
場合によっては、医師の説明を補完・解説して病院に戻ってもらうこともあります。
(薬や手術の方が良い場合もありますので)

では、整体等が営業できるのはなぜでしょうか?
先ほども書いたように「基準がない」からです。
基準がないから法律も作れません。
日本は法治国家ですので、法律がないと取り締まることはできません。
そして近年、職業選択の自由ということで「患者に害をなさない」のであれば、何してもOK!!というお国の判断が出ましたので、至る所にクイックマッサージ屋さんができました。
(エステがOKで、クイックマッサージがNGというのもおかしな話ですしね)
害をなさないとは、
・薬品や熱で火傷など、皮膚等人体組織を傷害してはいけない。
・骨折なんかはもってのほか
・メスや鍼で体に傷をつけてはいけない。
といった感じでしょうか。

本来は「害をなさない」はずだったのですが、急に増えてしまうと人手不足になります。
すると、採用されたばかりのバイトさんがいきなりマッサージなんてことも。
そのせいか、独立行政法人である国民生活センターから
「手技による医業類似行為の危害-整体、カイロプラクティック、マッサージ等で重症事例も- 」
消費者庁からは
「法的な資格制度がない医業類似行為の手技による施術は慎重に」
なんていう発表がなされております…

鍼灸師などは、養成校で最低三年間みっちり勉強します。
構造学、生理学、病理学、リハビリ、臨床医学、衛生学等の西洋医学系(こっちの方が断然多い)と、鍼灸学や東洋医学(うちは中医学でした)そして、実技。
ろくに体の構造を知らない人が無理やり首を回せば、むち打ちにもなります。
骨が折れ易い所や、折れ易くなる病気を知らないで力を加えると、簡単に折れてしまいます。
(柔整師ですら施術中に骨折させることがあるそうです。)
なので、整体やカイロ等の医療類似行為を受ける際にはリスクが伴います。

その点鍼灸だと、最悪で小さいやけどぐらい?
見た目では、内出血ですか。

といった感じで「めっちゃ勉強してます。というか、勉強し続けないとダメなんです」とアピールしていきたいと思います
まあ、どんなお仕事でも一生勉強ですけどね
ギャラリー
  • 日本酒レビュー 八海山 赤越後 2015(3年保存)
  • うちのメダカちゃん
  • うちのメダカちゃん
  • 桜!!
  • 桜!!
  • 桜!!
  • 桜!!
  • さむいです。
  • 日本酒レビュー 剣菱酒造 灘の生一本